人類を宇宙意識に目覚めさせるためのドキュメンタリー

映画「コンタクト・ハズ・ビガン」

世界最大クラスなパワースポットから生まれた本物の宇宙コンタクトの物語です。

映画「コンタクト・ハズ・ビガン」日本語吹き替え版DVD

地球外生命(ExtraTerrestrial)はどこから来たのか? なぜ地球に訪れるのか?米北西部にあるネィティブアメリカンの聖地、アダムズ山で撮影された本物のUFO映像を使って、その疑問にお答えしましょう。彼らとのコンタクトは、確実に始まっているのです。

製作:ジョン・サベージ 台本・監督:マイケル・ナイト 「コンタクト・ハズ・ビガン」は、近未来の「オープン」コンタクトに際して何を期待できるかという白熱した議論と、真剣な鑑賞を意図して作られたプロフェッショナルな作品です。

3,456円(税込・送料別)

映画「コンタクト・ハズ・ビガン」の生まれるまで

『コンタクト・ハズ・ビガン』は、世界的に活動しているET研究の先駆者、ジェームズ・ギリランド氏に焦点を当てた60分間のドキュメンタリー作品です。ギリランド氏が撮影したUFO活動の映像をご紹介するほか、臨死体験やORB(オーブ)、地球の変容、地球外生命体との遭遇についても掘り下げていきます。ギリランド氏の語る未来像は、ハリウッド映画のような恐怖を与えるものではありません。その明るい未来は、新しい意識レベル、そして世界規模の協力というように、“新しい地球”としか表現できないような世界観です。この映画には、宇宙時代を開くヒントが多く含まれています。すでに始まっている彼らとのコンタクト、そして、地球に損害をもたらしうる太陽からのコロナ大量放出など、その真実をご自身の目でお確かめください。

ジェームズ・ギリランド氏

臨死体験をきっかけに、遠隔透視や未来予知の能力を得て、ロマ・プリエタ地震や活発化する太陽活動も予言。また、他者に奉仕する生き方を決意し、彼の人生は、様々な予言的な夢で一変しました。地球外の善意の存在に気づき、導かれるようにしてワシントン州アダムス山近くにECETI を設立。ECETI (Enlightened Contact with Extraterrestrial Intelligence)とは「地球外知的生命体との啓示的なコンタクト」という意味です。ギリランド氏は彼らのことを、親しみを込めて「兄弟姉妹」と呼んでいます。 待望の新刊本 「 Enlightened Contact 啓示的なコンタクト(仮)」の著者でもあります。(2018年発売予定)

映画「コンタクト・ハズ・ビガン」ギャラリー

  • Img_0174
    ECETI アダムス山リトリート
  • Img_0169
    生きているオーブ
  • 双方向コミュニケーション
    双方向コミュニケーション
  • 情報は制御されている
    情報は制御されている
  • 危機に瀕している地球
    危機に瀕している地球
  • ジェームズ・ギリランド氏の臨死体験
    ジェームズ・ギリランド氏の臨死体験
  • 高次元の存在たち
    高次元の存在たち
  • ジャンクDNA?
    ジャンクDNA?
  • 真のコンタクトとは?
    真のコンタクトとは?
  • 私たちの使命
    私たちの使命
  • 地球の未来のために
    地球の未来のために
  • コンタクトは始まっています…
    コンタクトは始まっています…

映画「コンタクト・ハズ・ビガン」は2017年より全国で上映会を行い、たくさんの人に観ていただき、まことにありがとうございました。2018年春からは、アメリカCSETI、スティーブン・グリア博士の最新映画「非認可の世界」の上映会へと切り替わっております。こちらも引き続きお楽しみください。

現在、「iTunes Store」と「Netflix」では有料で観ることができますが、JCETIの映画上映会では、グレゴリー・サリバンのレクチャー&解説付きですので、ご質問を受けたり新情報を知ることができます。ぜひ、イベント情報を確認してお近くの会場へお越しください。

日本国内での著作権はJCETIにあります。無断コピー及び営利目的での自主上映はご遠慮ください。

JCETI イベント情報

JCETI 関連書映画

ドキュメンタリー映画「シリウス」日本語字幕版

特典映像を多数収録!「CE-5コンタクト」の考案者スティーブン・グリア博士の活動の集大成として、ETに関する隠された真実や、それに繋がる次世代型エネルギーなど4つのテーマの情報をあますことなく公開! 美しい映像とともに綴られるのは、人類を宇宙意識へと目覚めさせるための、センセーショナルかつ未来への希望を感じさせる内容です。グリア博士のディスクロージャー活動を通して、地球で起きていることや、今後取るべき行動が見えてきます。2014年9月発売。

制作・企画・日本公式窓口

JCETI 日本地球外知的生命体センター
www.jceti.org

映画上映会を開催されたい場合は、まずメールでご相談ください。